車探しにおいて失敗しない方法を大公開!!

車探しで失敗しないコツは?大事なマイカー購入の前に、、、

車探しをこれから始めようと思ってる方必見です!!せっかくこれから新しい車に乗って新生活を始めようと思っているなら、後悔するような車選びはしたくないですよね?そんなあなたにちょっとの工夫で失敗しないコツやポイントをお教えします!!

買取業者に騙されてしまわないために


現在の車を手放してから、車探しを行うという人もいるかと思います。
少しでも高値で車を売却したいと考える人は非常に多いかと思いますが、買取業者の中には、悪徳な買取業者が潜んでいる場合がありますから、注意しましょう。
非常に安い価格での査定額や、査定額はつかないけれど、その車を引き取るとしておきながら、実際にその車が手に入ったら、高値で売却をすすめるというような悪徳な買取業者もいるのです。そのような買取業者に売却をしてしまうと、これから車探しを行う場合にも、費用を足しにする事ができなくなってしまいますから、買取業者へ売却をする場合には、複数の買取業者に査定額を出してもらい、悪徳な買取業者と取引をしないようにしましょう。少しでも怪しい、おかしいと感じるような業者とは取引をしない事が大切です。
自動車税の還付についても、しっかりと説明をしてくれるような、誠意のある営業マンとやり取りができれば、それだけ安心して現在の車を引き渡すことができますし、これから中古車を購入する予定であれば、中古車購入のアドバイスを受ける事も可能となるでしょう。営業マンの対応が良かったから、そのまま新たな車も、同じ買取業者での購入を考えるという人もいる事でしょう。
中には騙されてしまっている事に気が付かないまま取引をしてしまうような人もいますから、車探しを行う時だけではなく、車を売却する時にも、情報収集をしっかりと行い、車売却が失敗となってしまわないようにする事が大切です。

外車の購入を考える時のポイント


外車に乗りたいと考える人は少なくありません。
外車に憧れる人もれいば、外車に乗ることが自分のステータスであると感じる人もいるでしょう。外車を取り扱っている中古車店は多数ありますが、新車で購入する場合には、外車の販売を行っているディーラーに出向くか、外車の輸入を行っている正規販売店で、購入するという事で購入することが可能となります。
外車での車探しをする時の注意点としては、ディーラーが日本にあるかどうかという事を考えてみると良いでしょう。不具合が起きてしまった時に、すぐにその車の修理を依頼することが出来るのかどうかという事が大切となります。元々、外車の場合、メンテナンス代が高くついてしまったり、修理代金も高額になってしまう事が多いため、外車に乗る時には、日本車よりも維持費がかかるという事を理解した上で、車探しを行うようにしましょう。一昔前のように、外車がすぐに壊れてしまうというようなことはありませんが、いつ事故を起こしてしまうかはわかりませんし、車に不具合が起きてしまうのかはわかりませんから、すぐに車の修理が対応可能となる車探しを行うようにしましょう。
外車には、外車の良いところがありますが、日本車にも日本車の良いところがたくさんあります。外車に乗っている方がかっこいいですし、人によっては、乗りやすいと感じる事もあるかと思いますが、外車はコストがかかってしまうという事を頭に入れておくようにしましょう。

オプションや装備を確認する


車探しを行っている場合には、車種だけではなく、オプションや装備も確認しましょう。
オプションや装備が充実していると、それだけ価格が高くなってしまう事が予想されますが、純正品ではない装備がついていることで、割安となっている中古車もあります。
純正品ではないパーツが付いていると、その車の趣味と合わないと感じてしまう人が多いため、その分割安で購入することが出来る場合が多いとされています。車探しを行う時には、純正品にこだわるのか、装備などにはこだわらないのかを考えてみると良いでしょう。オプションや装備にはこだわらないとしていても、装備により、車の雰囲気がガラッと変わってしまうような事もありますから、どのような装備やオプションであるのか、出来る限り確認を行う事が大切です。
そのオプションや装備が、自分の趣味と合っていれば良いのですが、自分の趣味ではないと感じてしまうと、安く車体を購入することができたとしても、後からオプションや装備を変更するための費用が必要となってしまう事がありますから、気を付けましょう。
新車で車探しを行った場合には、追加でお金を支払う事で、様々なオプションを追加することが可能となります。少しでも価格を抑えたい場合には、オプションの追加は最小限にすると良いでしょう。人気があるオプションとしては、フロアマットやカーナビなど、非常に人気が高い傾向ですが、後付けの方が安く済む場合もありますから、純正品とするのか、カー用品店で購入するのかという事を考えてみましょう。

修復歴って何?


修復歴とは、大きな事故を起こしてしまった時の修理の過去がある車の場合、修復歴がある車と呼びます。ちょっとした傷やへこみを直した程度では、修復歴とは呼ばず、車体を支えている部分の部品を交換した場合や、修理をした場合にのみ、修復歴と呼びます。
車は修復歴があると、それだけトラブルを起こしやすい車となってしまいます。大きな事故を起こしている場合、それだけ強い衝撃が車にあったわけですから、一般的な車よりも、トラブルが起きてしまうリスクが非常に高いのです。たとえその車を直してあったとしても、車体の柱となる軸を交換することはできませんから、修復歴はその車に一生ついて回ることになるのです。
車探しをしていると、修復歴がある、非常に安い車に出会う事もあるでしょう。あまりの安さに、車探しをしながらも、購入を迷ってしまうような事もあるかと思いますが、修復歴がある車はお勧めできません。たとえその車を購入し、数年間トラブルなく乗りこなすことができたとしても、その車を売却する時には、値段がつかないか、非常に安い価格での買取となってしまいますし、自分がその車で大きな事故を起こしてしまった時に、車がもろくなっている部分があるわけですから、衝撃にも弱くなっている事が考えられるのです。パーツとして利用する場合など、使い方によっては、修復歴がある車であっても、購入する場合がありますが、今後長い目で乗りこなす車探しを行っている場合には、修復歴がある車の購入はお勧めできません。

走行距離や燃費の見方について


走行距離とは、その車が今までどれだけの距離を走ったかを示した数値であり、燃費とは、ガソリン1リットルあたり、どのくらいの距離を走ることができるかという数値となります。
車探しをする時には、走行距離と燃費が非常に大切になりますから、必ずチェックをするようにしましょう。走行距離が多い車の場合、それだけ今まで距離を走ってきたという事になりますから、エンジントラブルが発生しやすくなってしまうため、車探しをする場合には、走行距離が少ない車を選ぶことが大切です。年式と車種が全く同じである車であれば、走行距離で選ぶと良いでしょう。
燃費は車によって変わりますが、運転の仕方によっても変わります。毎日長距離運転をするような場合は、燃費が良くなりますが、短い距離しか乗らない場合には、燃費が悪くなってしまいますから、その時その時によって、燃費が変わるのですが、車によって、平均的な燃費がありますから、車探しをする時には、燃費もチェックしましょう。燃費が良い車であれば、1リットルで多くの距離を走ることが出来るわけですから、それだけガソリンを入れる回数が少なくなり、経済的に車に乗ることができます。
現在の走行距離や、燃費は、大抵の場合、メーターをチェックすれば簡単にわかります。比較的新しい車であれば、現在の燃費をメーターで表示している場合が多くなっていますから、車を購入する時には、その車の燃費も確認するようにしましょう。

オークションを活用すると安く購入できるかも!


オークションを利用し、車探しを行うと、非常に安い価格で中古車を購入することができます。
買取業者を仲介に挟まない分、売却する側としては、オークションを利用する方が、高値で車を売却することができ、購入する側としては、中古車店よりも、安く車を購入することが出来るというメリットがあります。その車を欲しいと思う人がいれば、互いに入札しあい、金額が決定しますから、確実な価格で車を購入することが出来るわけではありません。
デメリットとしては、試乗をする事ができない事や、実際に自分の目で見てチェックをする事ができない場合が多く、ネットからの情報収集のみで、入札をしなければいけないという点や、個人売買となることが多いため、後々のトラブルが発生しやすいというデメリットがあります。オークションの基本として、ノークレーム、ノーリターンとなっている場合が多いため、後々車に傷が見つかった時や、何らかの不具合が起きてしまった場合でも、そのまま泣き寝入りをしなければいけない事もデメリットとなってしまいます。
デメリットが多いように感じますが、それでもオークションを利用した車探しをする人が多いのは、少しでも安値で車を購入したいと考える人が多いからであると言えるでしょう。
車種によっても違いますが、中古車店からの購入よりも、50万円以上安く購入できるような場合もあります。その分、車のメンテナンス代がかかってしまっても、仕方がないと考え、車探しをするにはオークションを利用するという人も少なくありません。

支払総額を確認する重要性


車を購入する時に必要となる価格は、車体価格だけではありません。中古車を購入する場合も、新車を購入する場合も、必ず諸費用が必要となりますから、諸費用も視野に入れた上で、車探しを行わなければいけません。
車体価格の他に必要となる諸費用としては、自動車取得税となる、車体価格の3パーセントや、車の大きさに合わせて前払いをする、重量税などがあります。新車の場合、3年先の重量税を購入時に支払う事になります。
自動車税は、購入した月から、翌年の3月までの分を月割りで計算して支払う事になりますし、車庫証明取得代行費用が掛かる場合もあります。その他にも、車の名義変更のための、登録代行費用が必要になりますし、自賠責の保険料やリサイクル料も必要となります。全てを合わせると、数千円で済むという事は決してなく、数万円の諸費用が必要となってきますから、車体価格だけの金額を支払う予定でいる場合には、注意が必要となります。実際には、車探しを行っている段階で、価格交渉を行う事で、諸費用分程度は、価格を下げてもらう事ができるような場合が多いため、諸費用が高すぎて総支払額が上がってしまうという事はほとんどないとされていますが、非常に人気がある車種である場合など、値下げ交渉に応じてくれないような場合もありますから、念のため、諸費用がかかるという事を頭に入れておくようにしましょう。店舗によっては、消費税を加算表示していないような場合もありますから、税別になっているのか否かを確認することも、車探しをする上では、非常に重要となります。

残クレの方法を知る


車探しを行った上で、どうしても新車が欲しいと考えても、購入する資金の目途が立たない場合には、残クレの扱いがあるディーラーで、車探しを行うという方法があります。
残クレとは、契約時にその車に乗ることができる年数を決め、その車の数年後の売却金額を新車代金から引いた金額で、ローンを組むという方法です。
たとえば、300万円の新車を購入し、3年後に売却をするという契約をした場合、その車の3年後の売却価格が契約時に決められます。100万円で売却する契約を交わした場合、ローンの支払いが、200万円になるため、毎月のローンの返済額を抑える事ができるのです。ですが、事故を起こしてしまったり、走行距離が契約をした距離以上になってしまうと、100万円で売却をすることができなくなってしまい、支払代金が多くなってしまう事がありますから、注意が必要です。残クレを利用することで、予定していた金額の新車よりも高い金額である車を購入することが出来ますが、決められた年数しか乗ることができないため、その車に愛着がわいてしまった場合でも、手放さなければいけません。その車を手放したくなくなってしまった場合には、売却金額となる、100万円を追加で支払わなければいけなくなってしまいます。ですが、いつでも新しい車に乗りたいと考える場合や、毎月のローンの支払いを抑えたい人にとって、残クレは非常に助かるプランとなりますから、車探しを行っている場合には、残クレも視野に入れてみると良いでしょう。

新車購入に適した時期とは?


中古車のように、急激に値段がさがったり、上がったりしないのが新車となりますが、新車であっても、購入にお勧めの時期があります。
新車の場合、決算時期に少しでも売上金額を上げたいと考える場合が多いため、3月の決算前が一番値引き交渉に応じてもらいやすい時期となっています。3月にディーラーに出向くのではなく、1月から2月頃にディーラーで相談を始め、3月に車の登録になるようにすると、決算に売却台数の1台として組み込むことができますが、ギリギリの登録になってしまうと、来期分の売り上げ計上となってしまい、逆に値下げに応じてもらう事ができない場合がありますから、注意しましょう。
決算時期を狙って値下げ交渉をする場合には、中間決算となる、9月頃の車探しもお勧めです。3月に比べると、値下げ幅は大きくありませんが、その他の時期に比べると、値下げ交渉に応じてもらいやすい時期とされています。
ボーナス時期になると、車探しをしている人が増えますし、ディーラー側は多くの販売台数を増やすことが可能となるため、サービスやキャンペーンなどを取り入れているディーラーが多くなります。そのため、7月や8月、11月や12月の購入もお勧めです。キャンペーンにより、オプションが無料でついてくるような場合や、車体価格自体をキャンペーン価格としている場合もあります。
車探しを行う場合には、新車と中古で、購入時期には違いが生じますから、どちらの車を購入するか検討した上で、時期に合わせた車探しを行うようにしましょう。

中古車購入に適した時期とは?


中古車には購入に適している時期があります。
その時期に車探しを行う事で、安い金額で車の購入をする事ができる場合が多いでしょう。
中古車購入に向いている時期としては、連休が終わった時や、ボーナス時期からかけ離れている時期、そして、人が動く時期を除いた時期がお勧めです。連休でお金を利用した後の場合には、車の購買意欲が落ちている人が多く、中古車を購入する人があまりいませんから、中古車店では比較的安値で車の売却を行っています。7月や8月頃、ボーナスが入る人が多いため、9月や10月は、中間となり、一気に多くのお金を利用することが少なく、その分中古車店では、販売価格が下がっている場合が多いとされています。ボーナスの中間でいうと、2月や3月頃もお勧めであるのではないかと思われがちとなりますが、2月や3月、そして4月は、人が移動する時期であり、今まで車を利用していなかった人でも、車を利用する生活に切り替わる人が多く、中古車店の書き入れ時であるとされていますから、中古車の価格が下がることがありません。
少しでも安く、車探しを行いたい場合には、他の人が購入する時期を外して車探しを行うと、それだけ安い価格で自分に合った車を見つける事ができるでしょう。ですが、車の売却が進む時期の場合、買取価格が高くつくことが多いため、車を売却する人も、2月や3月に売却を進める事が多く、その時期に一番中古車の数が多くなるとされていますから、人気がある車種を購入する場合には、購入時期に注意して車探しを行うようにしましょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー